So-net無料ブログ作成

「そこのガゼルⅠ、止まって下さい。今、ここは高度戦域に指定されています。今すぐ、アークディウスに―」 「トウマ・・・君・・・」 「ユ、ユラ?どうして、ここに・・・それに、何でガゼルⅠで・・・」 「そこのウィンストンは・・・何?そこのウィンストンのパイロットは・・・誰?」 [小説関係]

↑自小説、スターダストレイヤーズ、トウマとユラの会話。
接近してきた、アークライズの主力ロイ、ガゼルⅠのパイロットはユラだった。


どうして、彼女がここにいるのか―?
どうして、彼女がガゼルⅠに乗っているのか―?


破壊されたウィンストンを見つめ、ユラはガゼルⅠの動きを止めた。
そして、トウマに問う。


2人の空間に、重い空気が生じる。

さて、小説の話はこのくらいで・・・

今日は、12月22日。
PSPo2の、有料DLコンテンツ配信日でした。
ビワは、先日Playstation Ticketを買いました。

んで、今日コンテンツを購入。


配信物は以下の通り

・サンタ服(男)300円
・サンタ服(女)300円
・サンタパーツ(男)300円
・サンタパーツ(女)300円
・クリスマスツリー(ランス)200円
・メリークリスマス(グレネード)200円

です。

画像紹介等は、また今度。


サンタ服萌えですwww
ミニスカサンタ萌えwww

なんでも、DLしていない人から見ると、ただのボディスーツに見えるらしいですよ???



皆さんも、是非、購入してみては!?


さてさて、、、


スライバスが書け、書けうるさい小説が一つ。
っつうのも、ビワとスライバスが帰りに遊びがてら考えていた『機動新世紀ガンダムX』の後日談。
※公式的な内容ではありません。あくまで、自分とスライバスの主観に基づいて製作された『仮想上』の後日談です。これを読んで気を重くしたり、心に障ることがあったとしても、責任は負いかねます。

機動新世紀ガンダムX ~After Story Black of the Tifa~


かつて戦争があった―
2度目の戦争の後、世界は平和への礎を築き上げていた。
15年前の悲劇を繰り返さないように。
過ちを繰り返させないように。
立ち上がった少年がいた。

ガロード・ラン

それが少年の名前だった。
ニュータイプの少女、ティファ・アディールを含むフリーデンメンバーと行動を共にしていた。

そして、幾度の戦闘の後、D.O.M.Eを巡る戦いで勝利した。

勝利しただけであって、まだ彼らの物語は終わっていなかった。
これは、封じられた歴史を開いた、黒い少女の話―。

「ティファ・・・ずっと、一緒にいよう」
「・・・」
ガロードは口を開いた。
荒野にも似た『始まりの街』の中心で。
ティファは、その言葉に顔を向けただけで答えなかった。

まあ、いつものことだ。
ガロードはそう念じた。
寡黙である少女の反応は常に鈍い。
そう分かっていても、ガロードはティファに好意を抱いていた。
否、そういう少女だから・・・かもしれない。

「俺は、ティファとずっとに一緒にいたい。いや、一緒にいる」
「・・・ガロード」

そっと口を開いた少女は、顔を正面へ向けた。
その先には、車椅子に乗る青年と呼ぶには聊か抵抗がある男が一人。
それを手助けするように立つ車椅子の男に似ている―と感じさせる男が一人。
大戦中、幾度の邪魔を手がけた戦争の黒幕―
―世界の滅びを願うフロスト兄弟だった。
今、2人に過去のような勢いは感じられない。
こちらの存在に気が付いているのか、すら感じられなかった。

「ガロード・・・」
再び口を開いた少女は、呼び名の主を顔を見つめた。
見つめた体感は1秒にも満たなかったが、それ以上に感じられた。
ガロードの答えを待たず、ティファは服の袖口から『ある物』を手に落とすように取り出した。
その『ある物』の存在にガロードは絶句した。
見開いた目が閉じない。
開いた口が開かないとは、このことか。
「ティ、ティファ・・・・・それ・・・」
ガロードは指差し聞いた。
震える声を押し出した。
ティファは、その『ある物』を360°ゆっくりと回転させて眺めた後に口を開く。
「見て・・・分からない?・・・拳銃」
普段の彼女からは、想像出来ない、目にも止まらぬ速さで『ある物』―拳銃をガロードの頭に突き立てた。

絶句―

信じられない光景に目を奪われたガロードは硬直した。
「ど、どど・・・どういうことだよ、ティファ・・・」

絶望―

ガロードは必死になっていた。
「なんの、真似・・・だよ。何かの、影響か・・・なぁ?」

絶命―

嫌な汗が出てくる。体中の水分が全て蒸発するように。
「偽者だよ、な?当たり前だよな?ど、どうせウィッツかロアビィが仕組んで―」
「本物」

絶―

「あなたを、利用させて貰いました。ガロード・・・いえ、ガロード・ラン」
口調は、そのままだった。
しかし、演技にも見えなかった。
「あなたと行動すれば、D.O.M.Eに近づけると思った・・・から」
いつものティファだった。
しかし、何かが違った。
「D.O.M.Eの情報で、私は知った。ニュータイプを真意を。私は―」



―世界を統治する



最後の言葉は遠く、聞き取れなかった。
ガロードは必死に、目の前の状況を嘘だと思い込んだ。
嘘なら世界が変わる。夢なら世界が歪む。
ティファが元に―

「これが『私』。あなたを、利用させて貰いました」

ガロードは、力を失った。
思考回路が、言葉を処理仕切れていない。
考える能力すら、閉ざされた。

「邪魔になっていたフロスト兄弟は、今やその勢いを殺した。フリーデンメンバーも今は解散。・・・つまり、私にとって今、1番の障害になるのは、あなた」

―さようなら、ガロード・ラン。

ガロードの返答を求めず、黒光りする拳銃のトリガーを引いた。
軽く引いた引き金は、内部へと圧力を送り込み、鋼の鋼球を撃ち出す。
撃ち出された鋼球は高速回転をし、的に食い込むように当たる。
鋼球はそのまま、柔らかい肉を切り裂き、骨を砕き、貫通する。
鮮血に塗れるその光景を、シャギア・フロストとオルバ・フロストは驚愕の目で見ていた。
吹き飛んだ少年は動くこともままならず、息絶えた虫にように地面に這い蹲っている。

ティファは、再びフロスト兄弟へと目を向けた。

(今のあなたたちに力はありません。力を取り戻し、行く手を阻むなら・・・、わかっている?)

念話だ。
共通の意志を持つ者同士が、精神を通わせ言葉を通さず、思いで言伝する方法。
ニュータイプの彼女なら、確かに可能かもしれない。精神干渉が出来るのなら―。

(私は、『強者と見た者は排除』します)

そう言い残し、ティファは街の出口へと向かう。
シャギアは、一瞬の考察で、「待て!」と軽く口にしたが、届いていなかった。
その勢いで、車椅子を蹴飛ばし、『地に足を付けた』。

「兄さん・・・?足・・・」
「・・・なっ・・・」

奇跡、だったのだろうか。
シャギアは負傷していた足を再び、地面に足に付けていた。
「動ける・・・?オルバ・・・私は・・・」
「兄さん!」

オルバが縋るようにシャギアの肩を手に取る。
「やったよ・・・兄さん!歩けるようになったんだね!」
「私にもわからん。ただ・・・この状況では、そう信じなければいけないようだ」

まだ、この2人には諦め切れないことがあった。
鮮血に呑まれる少年を尻目に、姿無き少女の影を目に追う。
ティファ・アディール。
本性を出した少女。

「奴が黒幕か」

シャギアは静かに言うと、オルバの手を弾いた。
「時間が無い・・・行くぞ、オルバよ」
「・・・一体、どこに?」

オルバは疑問を浮かべていた。
「ヴァサーゴとアシュタロンの代用だ。私は、まだ何もかも諦めていない」
「兄さん・・・!」

不敵な笑みを浮かべ、シャギアはまた一歩踏み出した。

「ティファ・アディール。ニュータイプの小娘が・・・大層な口を聞く。我々は、排除される側ではない・・・『脅威とみた者を排除する』側の人間だ」
「カテゴリーFを再び敵に回す愚かなニュータイプ。独り身の女に、何が出来るかな?」

少年の屍を越えた。
一瞬目に付け、そのまま通り過ぎて行く。

「では、行くか。オルバよ!」
「OK。僕たちの望みは、たった今から始まるんだ!」
「ティファ・アディール。黒いニュータイプよ、待っているが良い・・・!」














と、なんでもありだな・・・
この内容。
とか、つくづく思う訳なのです。

大まかに言えば、

・ガロードBAD END
・フロスト兄弟ルートフラグ

です。。。


いやいや、こんなティファないって;;;

利用なんかしてないって;;;




想像力はいつだって無限大です。

さてさて、今日、アスラクライン13巻を読み終えました~。
智春編、無事終了ですね!
最後、デウスvs.がどうなるか・・・今後、明らかになるのでしょうか?

結局、皆ハッピーエンド・・・かな?
部長も、冬流会長を取り戻せたし。
氷羽子も、兄を取り戻せたし。

途中、立夏会長が『りっか』なのに読み方が『ろっか』になっていたのは笑えたwww(((
ミスって、あるもんですね。。。


さてさて、そして新たに始まります、アスラクライン。
智春の義妹と咲華の話。
始まり方が、智春編と同じですね。。。

ただ、短編とかになるらしいですが・・・
続くのかな?
一応、完結らしいですね。

アスラクラインらしい良い終わり方で良かったです。


さてさて、今日はこのくらいで。
ふぅ・・・疲れた・・・
明日は休みだぁ~www
nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

スライバス

なんか、いつのまにか2人が悪者じゃなくなってる気がするw

これで次回作のXでアサシンかヴァシュタロンがでるのかw
by スライバス (2009-12-22 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。