So-net無料ブログ作成
検索選択

【ガンプラ制作日記:30機目】HGUC1/144Hi-νガンダム【キラ・ヤマト仕様】※オリジナル編(その9)―完成 [ガンプラ制作日記]

本日2度目の更新です。
↓の通常更新も是非、ご覧下さい。

なんだかんだで、
後半サボタージュ気味だった製作日記。
にしても、完成まで果てしなかった気がする・・・

次は・・・
創作意欲が湧いたらにしよう。。。

さてさて、今回のHi-νガンダム キラ・ヤマト専用機のレシピを紹介・・・
したいんですが、
作品その物を出展してしまったので・・・


基本色は、ストフリカラーセット頼りです。
特に目立った調合は無し。
塗料調合した部分は、ビームライフルのグレー部分のみ。

ダイアブラック(ツヤ消し)+ホワイト(ツヤ消し)
それぞれ、70%+30%程度です。
個人的には、他の機体の間接部にも応用できるかなぁと思ってます。
素のニュートラルグレーにブラック、濃いグリーンでも再現はできるかと。(試してないですが;;;

間接、手等の金色は、
ツヤ消しブラックで成型色を隠ぺいしてから、Mr.COLORのゴールドで塗装してます。



後は、頭部のおでこ部分のメタルレッドは、
元々刻まれていたミクロ文字を削って落とした後、
シルバーで下地を作って、クリアーレッドで塗装。


メタルカラーには、勿論ツヤ消しスプレーは吹いていません。


とりあえず、画像紹介。

P1120219.JPG
↑腰は、前記事通り、HG1/144ガイアガンダム(ステラ機)より移植。
色は、胴体、フィンファンネルと同じグレー8を使用。

P1120220.JPG
↑両肩には、MG1/100 Hi-ν用のデカールを使用。
ちなみに、額にもHi-νと書かれたデカールを使用しています。
後は、マーキングシールを多々。

P1120221.JPG
↑腹部の金色は、間接等と違い、Mr.COLORではなく、
水性ホビーカラーの物を使用。
これは、↓のプロペラントタンクにも使用しています。

P1120222.JPG
↑プロペラントタンクの塗装は、Hi-νと同じ。
合わせ目消しのミスを誤魔化すために、マーキングシールをペタリ(笑


と、ビワの現在持てる最高技術を思いっきり出してみた結果ですが・・・
ボチボチですよね(((
スミ入れのミス、シャドーを覚えるようにしようと思います。

とりあえず、スミ入れには簡単な講座を受けてきたので(笑)、
イエサブ宇都宮店さんのNさんの推奨するようにやったら、上手く出来ました。
実験キットはアクションベースですよ(((爆


P1160232.JPG
↑さぁ、夏目指して今から精進です!



とりあえず、次回はHGUC1/144 GP02(ガンダム試作2号機:サイサリス)に挑みます。
久しぶりに合わせ目消したくさんだwww


今回のキットの個人的満足度は93%くらいですかね。
完成した時は嬉しかったし、客観的に見るとよく出来ているのですが・・・
出展作品には荒くて汚い作品でした。
もうちょっと、意識が必要だったかなぁ~。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。